RED°TOKYO TOWERのあらゆるアソビの熱量が循環するブロックチェーン「RED°トークンエコノミー・プロジェクト」を始動

東京タワーを拠点に、esports/エンタメの拡張事業を展開する東京eスポーツゲート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 原 康雄 以下、TEG)は、ブロックチェーンによる「RED゜トークンエコノミー・プロジェクト」を始動いたします。

RED゜トークンエコノミー・プロジェクトでは、世界のesports/エンタメファンの熱量が可視化され循環する「新たなアソビの経済圏」を目指しています。

TEGは、「NEXT JAPANの、発信源へ。」をスローガンに、日本の esports/エンタメ カルチャーを牽引し、世界に向けて存在感を放つことを目指した自社ブランド「RED゜(レッド)」 を推進しています。
そのメインプラットフォームとして、TOKYO/JAPANのアイコンである東京タワー直下の東京タワーフットタウンビル1階/3階/4階/5階に、日本最大規模となるesportsパーク「RED゜TOKYO TOWER レッド トーキョータワー 」を2022年4月グランドオープン予定で開発中。
「RED゜トークンエコノミー・プロジェクト」は、同施設と完全連動するデジタルプラットフォームとしてブロックチェーンを活用し、メタバースを視野に入れた新たなesports/エンタメ経済圏(トークンエコノミー)となります。

RED゜トークンを用いた新しいシステム

RED゜トークンを用いた新しいシステム