神動線だと早くも話題のRED゜E-SAUNA UENO施設の楽しみ方・注目ポイントを紹介!

●ポイント① 科学で“ととのう”を可視化する「TOTONOU BAND」
受付時にお貸し出しする専用ブレスレット「TOTONOU BAND」を装着したまま、サウナ、水風呂、休憩時間をお楽しみいただくことで、心拍数を主とした数値を計測。その情報を元に、サウナ上級者から初級者まで老若男女問わず幅広い世代のサウナ体験を分析して開発した、RED°E-SAUNA UENO独自のアルゴリズムで、“ととのう”を1〜100点で数値化します。これまで感覚的に感じていた“ととのう”が見える、新感覚の体験をお楽しみください!

●ポイント② “ととのう”を導く、科学されたパーソナルサウナ。
季節によって“ととのう”を導く最適な温度に設定されたサウナでは、天然花香石を使用したセルフロウリュをお楽しみいただくことができます。コツは、少しずつ石に水をかけること!
そうすることで室内の温度が落ちにくく、室内の温度は一気に120°に!部屋ごと、こだわりの最適な位置に設置されたヴィヒタを通して、マイナスイオンたっぷりの熱波をお楽しみください。

※ご希望の方には、白樺のアロマオイルもお貸し出し可能です。
また個室内には、全室50インチのスマートテレビを完備。サウナ室内に座ると、大きく開けた窓からちょうど正面にスマートテレビが見えるよう配置されており、お好きな映画やアニメ、動画などを見て過ごすことができます。スマートテレビの音声は、休憩スペース、さらにサウナ室内にまで設置されたスピーカーからお楽しみいただくことができます。スピーカーはご自身でお持ちのスマートフォンなどとBluetoothで接続することもできますので、好きな音楽で空間全体を演出できます。

さらに、上野エリアでは数少ない、冷水浴槽も設置。チラーで冷水15 度を一定に保ち、ほてった身体を引き締めることができます。“ととのう” に欠かせない、こだわりの水風呂をご堪能ください。

●ポイント③ 注目!神動線で導く、最高の“ととのう”体験。
オープン前から神動線とはやくもサウナー達から話題を呼んでいるのは、サウナから水風呂までの距離!
その距離わずか1歩!
ほてった身体を一気に冷やすことで、最高の“ととのう”体験を提供します。さまざまなこだわりをコンパクトな空間に詰め込み、プレミアムな体験をお届けする本施設ならではの神動線をお楽しみください!

●ポイント④ 7Fでは、次世代の映像システム『Warp Square』で圧倒的な没入感を。
 雄大な自然の風景などの映像体験で、外気浴のようなリラックス効果を演出します。

Warp Square
Produced by Sony Design Consulting Inc.

『Warp Square』は、超短焦点プロジェクターの映像を壁面に投影することで、部屋そのものを仮想空間にするソニーの映像システムです。継ぎ目のない高画質映像に囲まれることで、あたかもそこにいるかのような体験ができます。サウナを楽しんだ後は、圧倒的な没入感でお届けする雄大な自然の風景などの映像体験で、外気浴のようなリラックス効果を演出する7階でおくつろぎください。※混雑時は時間制限あり

●ポイント⑤ 8Fにはボードゲームエリア『RED°BODOGE』を併設。
8Fには、ボードゲームをお楽しみいただけるエリア『RED°BODOGE』を併設。サウナでととのった後に、多種多様なボードゲームでアタマを刺激する。そんな新たな体験を、RED°独自の視点からご提案します。『RED°BODOGE』のみのご利用も可能となっております。

※『RED°BODOGE』のご利用は、下記、別途料金(税込)が発生します。

【トピックス】
オープンを記念して、皆様にお試しいただきやすいRED゜E-SAUNA UENO特別価格期間延長の他、お得なチケットをご用意しました!※6月上旬販売予定(すべて税込価格)
回数券  3回券特典:タオル、7回券特典:サウナハット+タオル ※会員登録者限定
◆3回券(有効期限2カ月)
60分)1人用:14,000円、2人用:20,000円 / 80分)1人用:18,000円、2人用:27,000円
◆7回券(有効期限4ヶ月)
60分)1人用:30,000円、2人用:45,000円 / 80分)1人用:40,000円、2人用:60,000円
ギフト券(有効期限6ヶ月間)
1人用2回券付き(60分) 9,000円 / 1人用2回券付き(80分) 11,500円
2人用2回券付き(60分) 13,500円 / 2人用2回券付き(80分) 17,000円

>> RED゜E-SAUNA UENO WEBサイト

『RED°TOKYO TOWER OPENING CEREMONY』開催 ~オープニングセレモニーでは港区長 武井 雅昭氏らによるテープカットを実施~

平成ノブシコブシ 吉村 崇さん、岡田 結実さん、デヴィ夫人さん、YOSHIさん、ROLANDさんが登場し、施設の魅力を生中継!
『RED°TOKYO TOWER OPENING CEREMONY』開催
~オープニングセレモニーでは港区長 武井 雅昭氏らによるテープカットを実施~

本日2022年4月20日(水)にグランドオープンいたしました。オープンを記念して、『RED°TOKYO TOWER OPENING CEREMONY』を開催。第一部では、株式会社TOKYO TOWER 代表取締役社長 前田 伸氏、港区長 武井 雅昭氏、自由民主党モータースポーツ議員連盟 会長 衆議院議員 古屋 圭司氏、都民ファーストの会代表・東京都議会議員 荒木 千陽氏によるテープカットを実施、第二部では、平成ノブシコブシ 吉村 崇さん、岡田 結実さん、デヴィ夫人さん、YOSHIさん、ROLANDさんにご登壇いただきました。

『RED°TOKYO TOWER OPENING CEREMONY』を開催

写真左:左から、都民ファーストの会代表・東京都議会議員 荒木 千陽氏、自由民主党モータースポーツ議員連盟 会長 衆議院議員 古屋 圭司氏、東京eスポーツゲート株式会社 代表取締役社長 原 康雄、港区長 武井 雅昭氏、株式会社TOKYO TOWER 代表取締役社長 前田 伸氏
写真右:左から、平成ノブシコブシ 吉村 崇さん、岡田 結実さん、デヴィ夫人さん、YOSHIさん

■ 東京都知事 小池 百合子氏からお祝いのビデオメッセージ映像を放映

当日会場にお越しいただくことができなかった東京都知事 小池 百合子氏から、グランドオープンを祝福してビデオメッセージ映像が届きました。「esportsは年齢・性別、障害の有無に関わらず多様な個性を持つ方が参加されてその奥深さを生み出していますね。」や「RED°TOKYO TOWER が東京・日本を代表するe sportsの体験施設になることを願っています。」とコメントし、施設の開業を祝福いただきました
東京都知事 小池 百合子氏からお祝いのビデオメッセージ映像を放映

■ オープニングセレモニー:一部では港区長の武井 雅昭氏らが登壇し、開業を祝福するテープカットを実施

『RED゜TOKYO TOWER』のオープンを記念し、株式会社TOKYO TOWER 代表取締役社長 前田 伸氏、港区長 武井 雅昭氏、自由民主党モータースポーツ議員連盟 会長 衆議院議員 古屋 圭司氏、都民ファーストの会代表・東京都議会議員 荒木 千陽氏といった、東京タワーのある港区やe sportsに縁のある4名をお迎えしテープカットを実施しました。
オープニングセレモニー:一部では港区長の武井 雅昭氏らが登壇し、開業を祝福するテープカットを実施
写真:左から、都民ファーストの会代表・東京都議会議員 荒木 千陽氏、自由民主党モータースポーツ議員連盟 会長 衆議院議員 古屋 圭司氏、東京eスポーツゲート株式会社 代表取締役社長 原 康雄、港区長 武井 雅昭氏、
株式会社TOKYO TOWER 代表取締役社長 前田 伸氏

■ MCに平成ノブシコブシ 吉村 崇さんを迎え、岡田 結実さん、YOSHIさん、ROLANDさんが登場!3階から5階の各フロアの魅力を生中継で紹介!

「ENTRANCEへ向かう入口は“鳥居”をイメージしてつくられているそうです。」と施設についての解説もいただきつつ、3階のフロア紹介を担当いただいたのは岡田結実さん。ENTRANCEの広さに驚かれ、フロア紹介を同行した館長へ質問を投げかけていました。岡田さんは「親子でも楽しめる施設ですね!」とコメントし、施設の魅力をレポートいただきました。
MCに平成ノブシコブシ 吉村 崇さんを迎え、岡田 結実さん、YOSHIさん、ROLANDさんが登場!3階から5階の各フロアの魅力を生中継で紹介!

4階の中継担当はYOSHIさん。対戦形式2名でジャンプし、スコアを競い合う『VALO JUMP』というフィットネス感覚のフィジカルゲームを岡田さんと共に体験いただきました。ゲーム後には「少し前まではゲームをやっている人はかっこ悪いという風潮がありましたが、e sportsはかっこいいものでカルチャーであると感じ取ってほしいです。」とe sportsの魅力について呼びかけました。
4階の中継担当はYOSHIさん

最後に登場したのはROLANDさん。5階で展開されている『RED°STAND』はROLANDさんとコラボして誕生したカフェ&バーとなっています。ご自身とコラボした施設内の商品について「これまで飲んだレモネードの中で一番おいしいです。ぜひ施設に遊びにきてほしいです。」と商品についてお話しをいただきました。
5階で展開されている『RED°STAND』はROLANDさんとコラボして誕生したカフェ&バーとなっています

■ スペシャルゲストにデヴィ夫人が登場!老若男女が楽しめる『RED゜TOKYO TOWER』

スペシャルゲストとしてデヴィ夫人にも登壇いただき、ポーカーやeモーターを体験いただきました。
MCを務めていた吉村さんから感想や質問を聞かれていたデヴィ夫人ですが、質問へのお答えを忘れてしまうほど、体験に夢中になっており、その様子に会場は笑いの渦に包みこまれました。実際に体験をした感想として「老若男女に楽しめる施設です。」とコメントしました。
スペシャルゲストにデヴィ夫人が登場!老若男女が楽しめる『RED゜TOKYO TOWER』

■ RED゜ブランド注目のECサイト『RED゜E-SHOP』も本日よりオープン!

RED°ブランド注目のECサイト『RED゜E-SHOP』を本日公開。RED゜TOKYO TOWERのリアル店舗のみならず、ECサイトからもオリジナル商品・コラボ商品をお買い求めいただけるようになりました。
『RED°E-SHOP』では、RED°のブランドスローガンである「アソビの、新境地へ。」の実現に向けて、esports/エンタメ領域においてさまざまなIP(ゲームコンテンツなど)やブランドやクリエイターとのコラボレーションを通じたアイテムを開発。RED゜でしか買えない、今までなかったような特別なギアやファッションなどを続々と展開予定です。

RED゜ブランド注目のECサイト『RED゜E-SHOP』も本日よりオープン!

URL: https://e-shop.red-brand.jp/

東京eスポーツゲート株式会社、 JP GAMESグループと戦略的業務提携

東京タワーを拠点に、esports/エンタメの拡張事業を展開する東京eスポーツゲート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康雄 以下、TEG)は、ファイナルファンタジーXVなどを手掛け、世界的に知名度の高いゲームクリエイター田畑 端氏が率いるJP GAMES株式会社(本社:東京都千代田区)と戦略的業務提携を締結しました。
TEGの展開する「RED°」ブランドによるリアル×デジタルのこれまでにない新たなメタバース経済圏の構築を共創していきます。

■業務提携の背景と目的

「RED°」では、「アソビの、新境地へ。」をスローガンとして、東京タワー内のesportsパーク「RED° TOKYO TOWER」をはじめとしたリアルにおける施設開発にとどまらず、デジタル上でのトークンエコノミーの構築を推進。リアル施設におけるXRと、デジタルにおけるトークンやNFTを絡めたWEB3.0を連携させながらRED°ならではの新体験の創出を目指しています。
そして今回、その体験を提供するプラットフォームのひとつとして、JP GAMESグループと提携し、国内外から高い評価を受けている同社のメタバース構築フレームワーク「PEGASUS WORLD KIT」を活用したRED°独自のメタバースを共創いたします。

RED°とJP GAMESが目指すメタバースの世界観について

誰もがヒーロー/ヒロインになれる。
すべてをゲームで競いあう。
ユーザーとつくる、かつてないエンタメストーリー。

性別も、年代も、国境も超えたあらゆる人がヒーロー/ヒロインになれるメタバース空間を追求。そこでは、ジャンルや企業間の垣根を越えたさまざまなゲームが集まり、プレイや対戦を通じてコミュニケーションをしたり、報酬を得たり、モノや体験を消費したりと、すべてがゲーム化されたこれまでにないエンターテインメント体験を提供します。参加するひとりひとりのユーザーの熱量によってメタバース内における経済活動が活性化していく、共創型の世界を築いていきます。

■今後の展望について

「RED°TOKYO TOWER」や今後日本各地で展開を予定しているイベントとも連携を行い、リアル×デジタルの新たなメタバース経済圏を追求。さらに独自のトークンである「RED°トークン」を活用することで、コンテンツに対してファンが夢中になれる仕組みを構築すると共に、NFTや着せ替え自在なアバターなどを用いた自己表現を楽しめる体験を提供します。
また、esportsチームやパフォーマンス集団のコミュニケーションスペースとしての活動や、メタバースをクリエイター/事業者がより有効活用できるような機能も展開し、コミュニケーション、マーケットプレイス、クリエイター支援などを多角的に網羅し、エンタメファンにとっての365日を刺激あふれるものにしていく独自の経済圏の確立を目指します。

■TEG代表 原 康雄より

私たちが手がける新たな経済圏「RED° TOKEN ECONOMY」への想いとして、人は誰しも、自分を表現することの欲求や、その先に他者に認められたい欲求をもっているものです。いまの社会では、そうした自分のクリエイティビティを発揮する居場所がまだまだ足りていない現実があると思います。私たちは、エンターテインメント×メタバースという仮想空間のフィールドづくりを通じて日本から世界中の人に、より自己表現を楽しめる熱狂的な居場所を届けていきます。
そして今回、こうしたビジョンに共感いただいたJP GAMESグループ様との提携を通じて、日本が世界に誇る新たなエンタメ体験の発信拠点となるべく共創を進めていきます。

■JP GAMESグループ代表 田畑 端氏より

原代表のビジョンに共感しまして、東京eスポーツゲート様と戦略的提携を行うことになりました。また、メタバース事業への多様なニーズに応えるために、新会社も設立しました。「アソビの、新境地へ。」というスローガンをバーチャル側にも広げていきます。楽しみにしてください。

■JP GAMES株式会社について

ファイナルファンタジーXVなどを手掛けた田畑 端が、2019年2月にスタートしたゲーム開発スタジオ。「ゲームの力で未来を楽しくする」をコンセプトに、ゲームの可能性を追求。2021年6月、世界初パラリンピック公式ゲーム「The Pegasus Dream Tour」を配信。同プロジェクトでメタバース構築フレームワーク「PEGASUS WORLD KIT」を開発。2022年2月、メタバース事業をJP GAMESから分離し、グループ会社化した。

■会社概要(JP GAMES株式会社)

会社名:JP GAMES株式会社(JP GAMES, Inc.)
代表取締役:田畑 端
所在地:東京都千代田区九段北一丁目14番16号
設立日:2018年11月9日
資本金:4億300万円(資本準備金含む)
事業内容:ゲーム開発スタジオ
公式サイト:https://www.jpgamesinc.com/

フィーダ株式会社、暗号資産取引所への上場を視野に 「RED゜TOKEN」のホワイトペーパーを公開。“アソビの熱量”が循環する、トークンエコノミーの創出へ。

トークンの発行を主要事業にしながら、NFTやメタバースなど最新技術を駆使した次世代エンターテイメント体験の提供の実現を目指すフィーダ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康雄 以下、フィーダ)は、RED°TOKENのホワイトペーパーの公開を行い、暗号資産取引所への上場に向けて事業推進を行っていきます。


■RED゜TOKEN(レッド トークン)について

RED°トークンを手に入れることで、トークングラフやNFTをはじめとして、メタバースも視野に入れた多種多様な次世代のエンターテインメント体験を得ることが可能になります。
消費や報酬の獲得、あるいは交換など、さまざまな経済活動のプラットフォームとしてRED°トークンエコノミーが世界中の熱狂をさらに創出していきます。


ホワイトペーパーリンク:http://red-token.jp/wp-content/uploads/red-token-whitepaper-jp.pdf

■RED°TOKEN ECONOMY(レッド トークンエコノミー)について

「RED°トークンエコノミー」は、世界中のエンタメファンの「アソビの熱量」が循環するRED°ブランドによる新たな経済圏です。

2022年4月20日に開業する、日本最大規模のesportsパーク「RED°TOKYO TOWER」と連携し、オフライン/オンラインを横断した、これまでにないエンタメ経済圏を醸成。人々に新たなライフスタイルを届けていくことを目指しています。

■RED゜TOKEN ECONOMY PROJECT(レッド トークンエコノミー・プロジェクト)について

「RED゜トークンエコノミー・プロジェクト」は、RED°TOKYOTOWERと完全連動するデジタルプラットフォームとしてRED゜トークンを活用し、メタバースを視野に入れた新たなesports/エンタメ経済圏(トークンエコノミー)を形成するプロジェクトとなります。
本プロジェクトの中核を担うのが、経済圏の中で活動するあらゆるステークホルダーの「アソビの熱量」です。それぞれのアクションをブロックチェーンを通じて記録・収集し、個人へ帰属したその熱量や貢献に応じて公平な報酬を提供。トークンを活用して特別な体験を楽しんだり、ユーザー同士で交流したりと、経済圏をユーザーの手によって醸成していく環境をつくります。

RED°E-MOTORが スーパー耐久シリーズに参戦!

esportsとリアルモータースポーツをつなぐプロジェクトの第一弾として「Hitotsuyama Racing」とコラボレーション。

東京タワーを拠点に、esports/エンタメの拡張事業を展開する東京eスポーツゲート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康雄 以下、TEG)は、SUPER GT、TCR ジャパンシリーズ、スーパー耐久シリーズなどのシリーズに参戦するHitotsuyama Racing(本社:静岡県富士市)とコラボレーションし、スーパー耐久シリーズに参戦いたします。

■本取り組みの背景と目的

「RED°」では、「アソビの、新境地へ。」をスローガンとして、東京タワー内のesportsパーク「RED° TOKYO TOWER」をはじめとした施設開発にとどまらず、モータースポーツや野球、ゴルフ、サッカーなどのリアルスポーツとの連携により、リアルスポーツとesportsを横断したプレイヤーとファンの育成を進めています。
その第一弾として、このたびHitotsuyama Racing様にRED°の展望に賛同いただき、コラボレーションを始動しました。SUPER GT、TCRジャパンシリーズ、スーパー耐久シリーズなどの国内トップカテゴリへ参戦し、入門マシンである「Audi A1 Fun Cup」を自社開発、各種レースを主催してモータースポーツの門戸を広げる取り組みを進めている同社とチームを組成し、スーパー耐久シリーズに参戦することとなりました。

■具体的な施策

E-MOTORとリアルのモータースポーツをつなぐ象徴として、「RED°」カラーリングのAudi R8 LMS GT4でHitotsuyama Racing様と2022年のスーパー耐久シリーズに参戦します。
また、モータースポーツに憧れるファンを応援する取り組みとして、「RED°TOKYO TOWER」とサーキットを連動させ、「RED°」のE-MOTORイベントの参加者がスーパー耐久の現場に訪れ、プロのレーシングドライバーのコーチングを受けられるなど、E-MOTORとモータースポーツ連動でファンを増やす取り組みを進めていきます。

■スーパー耐久参戦体制

チーム名:Audi Team Hitotsuyama
チームプロデューサー:原 康雄(東京eスポーツゲート株式会社代表取締役)
田中 鉄三郎(TSK株式会社代表取締役)
チーム代表:一ツ山 亮次
ドライバー:本多 秀朗選手、宮田 莉朋選手、神 晴也選手、阿野 雄紀選手、藤井 優紀選手

■今後の展望について

「RED°」では、esportsのプレイヤーやファンが夢を見られたり、esportsをより魅力的な職業へと押し上げられるような取り組みを進めていきます。その実現に向け、「RED°TOKYO TOWER」のリアル事業だけでなくデジタルでもesportsを楽しめるデジタル事業、リアルとデジタルを連動させたイベントを行う興行事業、さらには新たなリアル施設やコンテンツを創出するプロデュース事業を展開していきます。
このリアルとデジタルが連動する事業をさらにリアルスポーツと連動させ、モータースポーツだけでなく、野球、サッカー、ゴルフなどでesportsとリアルスポーツを横断した新しいヒーロー/ヒロインが生まれる取り組みを進めていきます。


RED゜TOKYO TOWERオープン記念 RED゜スペシャルライトアップ

オープンを記念して、4月20日(水)18時30分~24時まで(雨天決行)、一夜限りで東京タワーを”RED゜カラー“にライトアップし、さらに東京タワー展望台に「RED゜」の3文字が彩られます。

・実施日時:2022年4月20日(水)18時30分~24時 ※雨天決行
・点灯カラー:RED°のイメージカラーである赤で点灯
・窓文字マークはメインデッキ南面(品川・横浜方面)1面のみ白色で点灯

※画像はイメージとなります

5階に続き、3階・4階フロアの 注目コンテンツの全貌を公開!


東京タワーを拠点に、esports/エンタメの拡張事業を展開する東京eスポーツゲート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原 康雄 以下、TEG)は、東京タワーフットタウン内に、日本最大規模のesportsパーク『RED゜TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)』を、2022年4月20日(水)にグランドオープンいたします。本日よりチケット購入受付 開始するとともに、5階フロアの公開に続き、3階・4階フロアの注目コンテンツの全貌を公開いたします。

『RED゜TOKYO TOWER』は、“GAME CHANGE”を施設コンセプトに掲げ、最新のゲームタイトルをプレイしたり、世界最先端のXR技術を搭載したスタジアムで大会やイベントを楽しんだり、あらゆる場面で遊びを詰めこんだ「異次元のエンタメ体験」を楽しめる空間を追求。日本のエンタメシーンを広げ、ライフスタイルまでも動かしていく、新しい日本のアソビの拠点を目指しています。

<3階・4階フロアの注目コンテンツ、ついに全貌公開!>

3階:INSPIRATION ZONE

esportsの世界に包まれるRED゜のスタート地点。エントランスを抜けると、レトロゲームやVRゲームなど気軽に楽しめるコンテンツが多彩に登場。オフィシャルショップでRED゜限定のアイテムも手に入ります。

ENTRANCE(エントランス)

「のれん」と「鳥居」を模した入口に最先端の映像技術をかけ合わせ、NEXT JAPANの演出が包みます。

GATE(ゲート)

顔認証システムを駆使した、RED°TOKYO TOWERオリジナルによる次世代型ゲート。

KAT WALK(キャット ウォーク)

まるでゲームの世界に入ったような感覚で、さまざまなコンテンツもプレイできるVR空間。

 

RED° LOUNGE(レッド ラウンジ)

最先端のデジタルテクノロジーが描く、映像演出とゲームが融合した次世代ラウンジ。
幅約15mの巨大LEDモニターと、床面を使ったプロジェクションマッピングによって、ラウンジ全体が圧倒的な存在感を放つ映像演出の舞台に。さらに、レトロゲームやVRゲームなどのゲームコンテンツも楽しむことができる、RED°ならではの体験型ラウンジをお届けします。

RED° MART(レッド マート)

RED°でしか手に入らない、オリジナル&コラボアイテムを続々と。
さまざまな人気キャラクターやコンテンツとの限定コラボアイテムや、アパレルをはじめとしたRED°オリジナルの グッズを続々とお届けしていきます。

RED° GACHA(レッド ガチャ)

RED°ならではのesports/エンタメ感あふれるガチャを。
日本独自の進化を遂げ、子供も大人も楽しめるガチャマシーンをご用意。esportsやエンタメにちなんだガチャ専用アイテムを、オリジナルやコラボレーションで展開していきます。

 

4階:ATTRACTION ZONE

超人スポーツをはじめ、ドローン競技などの体験型コンテンツが充実したフロア。多彩なフィジカルesportsが楽しめるラインナップの他、頭脳も使って挑戦する謎解きアトラクションでは、人気コンテンツとのタイアップも計画中です。

 

RED° NAZOTOKI × Obey Me!(レッド ナゾトキ×オベイミー)

「Obey Me!」コラボによる、ここにしかないリアル体験謎解きゲーム!
「学園ラブコメ・ファンタジー」として 世界186の国と地域を中心に展開している、600万DL突破の人気アプリゲーム「Obey Me!(オベイミー)」とのコラボ謎解き。スマホ連動のリアル体験型のコンテンツをお届けします。

 

 

 

RED°SHOOTING × PUBG MOBILE(レッド シューティング×ピーユービージーモバイル)

「PUBG MOBILE」の世界観をリアルで体験。かつてないスリルと爽快感のシューティングアクションが出現。
全世界10億DL突破した「PUBG MOBILE」とのコラボレーションで 射撃訓練施設【EXAM】が、ここRED°TOKYO TOWERに出現。ステージレベルが上がるにつれて厳しくなる銃撃戦を乗り越え、“ドン勝”への道に挑んでいく。そんなリアルなゲーム体験を楽しめるシューティングゲームアトラクション。

※2022年6月オープン予定

 

RED° DRONE(レッド ドローン)

障害物ドローンレースをメインにはじめての人も楽しめるイベントも。
重さ約34gのマイクロドローンを使ったダイナミックな障害物ドローンレースを楽しめるエリア。2ヶ所のトライアルエリアでは、的当てゲームなど気軽に楽しめるイベントも随時開催予定です。

 

RED° SPORTS BASEBALL(レッド スポーツ ベースボール)

球界初!楽天イーグルスの投手と対戦できるVRアトラクション。
VR技術を活用して、楽天イーグルスのピッチャーの投球を再現。ヘッドマウントディスプレイを装着すると、まるで実際のバッターボックスにいるような感覚に。本物のプロ野球選手の投球データを用いた VRバッティングアトラクションは球界初の試みです。

 

RED° SPORTS GOLF(レッド スポーツ ゴルフ)

超高精度センサーを使ったゴルフシミュレーション。
高精度なセンサーを駆使してクラブシャフトのしなりまで正確に再現することが可能に。国内外の有名コースの特長に忠実に再現し、リアルを極めた体験を提供します。

 

 

HADO(ハドー)

こどもの頃に憧れた魔法の世界を、圧倒的な臨場感で楽しむARスポーツ。
実際に体を動かしてフィールドを動き回り、3対3の熱いバトルを繰り広げるARスポーツ。ヘッドマウントディスプレイやアームセンサーを装着し、エナジーボールとシールドを駆使して、対戦相手のライフを削りながら勝利を目指します。

 

CYBER PLAYERS(サイバープレイヤーズ)

プロジェクションマッピングを使った、身体で遊ぶ2つのゲームコンテンツ。
「サイバープレイヤーズ」は、実際のボールとプロジェクションマッピング技術を使った体感型スポーツゲーム。楽しみながら体を動かし、エクササイズにもぴったり。サイバーバスケ、サイバースローの 2種類のゲームを搭載しています。

 

VALO JAMP(ヴァロ・ジャンプ)

エアートラックとARが融合した、フィットネス感覚のフィジカルゲーム。
「ValoJump air(ヴァロ・ジャンプ・エアー)」は、エアートラックを使って ゲームの主人公になったような気分を味わえるスポーツ。ジャンプするプレイヤーの姿をカメラがとらえ、正面のモニターのゲーム画面に自分のキャラクターが映しだされます。

 

VALO CLIMB(ヴァロ・クライム)

フィンランド生まれのARボルダリングスポーツ。
エアホッケーとボルダリングを組み合わせた2人用の対戦型ゲーム(クライムボール)や壁にどんどん現れるコウモリをやっつけるゲーム(ワック・ア・バット)、スピードを競うクライミングゲーム(フラッシュ)など楽しみ方はいろいろです。

 

CYBER STADIUM(サイバー スタアジアム)

センサー×プロジェクションマッピングの次世代体感型アトラクション。
ホッケー、ブロックゲーム、リズムゲーム、脳トレの4種類のゲームを搭載。エクササイズの要素はもちろん考えながら遊ぶことで教育にも効果的で、幅広い人が楽しめるアトラクションです。

 

CYBER BOCCHA S(サイバー ボッチャ エス)

パラスポーツの「ボッチャ」をテクノロジーで拡張。
VISUALIZE+SENSING+SOUND+マルチリンガルナビで よりダイナミックに、エンターテインメント性がアップ。世界的に人気が拡大しているパラスポーツ「ボッチャ」を気軽に楽しむことができます。

 

TOWER TAG(タワー タグ)

VR空間で激しい戦いを繰り広げるガンシューティング。
近未来の街を舞台に、最新技術が生みだす圧倒的な没入感を満喫。VR空間の上空までそびえたつ無数のタワーがフィールドとなり、相手チームと銃撃戦を繰り広げるスリルと迫力がケタ違いのガンシューティングです。

 

SPIRIT OVERFLOW(スピリット オーバーフロー)

近未来の東京を舞台にしたインドア・サイクリングの陣取り合戦型esports
未来型のバイクに乗り、それぞれ独自のスキルと戦術を持つ個性的なヒーローを操って競い合うテリトリーバトル(陣取り合戦)。本格的なesportsと高強度のバイクワークアウトが融合した新たな体験をお届けします。

 

SISYFOX(シシーフォックス)

大玉を転がして、スピードを争う対戦コンテンツ。
スピードを争う「ダウンヒル」を対戦モードでご用意。バランス感覚、持久力、筋力を鍛えることが可能です。狭い山道、暗い洞窟、乾いた川を乗り越えて、全力全速でゴールを目指して競争します。

 

 

 

<5階フロアの追加情報発表!>

 

RED゜STANDにROLAND(ローランド)が参戦!

“NEXT JAPAN”をテーマに、ゲームのお供にぴったりなフードやドリンクを提供するRED°STANDは、ホストで実業家のROLANDとコラボレーションし、

“RED°STAND STARRING ROLAND”を週末金曜日・土曜日の18時から実施します!

国内外のバーテンダー大会62回優勝、世界最高のBarアワード「Asias 50 Best Bars」を3年連続で受賞したBee’s Kneesチーム代表・山本圭介(やまもとけいすけ)氏とROLANDが共同開発したRED゜TOKYO TOWERオリジナルカクテルの展開や、有名バーテンダーによるイベントも定期的に開催予定。

是非ご注目ください。

港区立小・中学校生を2日間限定で招待し、 「未来のレーシング体験」や「はじめてのesports講座」などを実施!

港区立の小・中学校に在籍する生徒(※1)と、その保護者を2022年4月2日(土)~3日(日)の2日間限定で招待し、5階フロア「ULTIMATE ZONE」をお披露目いたしました。
今回の『RED゜EDUCATION PROGRAM』 では、子供たちがさまざまなルールや環境の中で、他者と積極的に協力することや、課題と向き合って解決策をみずから導き出す「考える力」を養うことを目的としています。

また、TEGが目指すサステナビリティビジョン「エンタメ要素をかけ合わせた新たな教育機会の提供」「esports/エンタメ市場拡大による雇用やキャリアの創出」「ジェンダーや年齢や国籍など属性を超えたesports/エンタメプレイヤーの輩出支援」の実現に向け、今後さらに他区の小中学生に向けて開催したり、修学旅行生が体験できるプログラムとして拡大。ゲームを楽しみながら学びを得られる機会を、RED°ならではの目線から社会に届けていきます。

「RED゜SKY STADIUM」の最新テクノロジーの世界観を体験しました!

最新テクノロジーの世界観を目の当たりにした参加者は、とても驚いた様子でした。最先端のXR技術が設備されたスカイスタジアムでは、「見たり」「ステージに立ったり」、迫力のある映像と3Dサウンドとともに体験。今まで体験したことのない空間に、目を輝かせた参加者の姿が印象的でした。

「はじめてのesports講座」をプロゲーマーと楽しみました!

巨大なスクリーンと最新かつ高性能なゲーミングPCが32台揃うRED゜ARENA(レッド アリーナ)SUPPORTED BY NETGEARでは、「はじめてのesports講座」を実施。一人一台のPCを使用し、国内外で人気のゲームで仲間と協力して料理をつくるクッキングアクションゲーム「オーバークック2」を、ゲームストリーマーである天音 利梛(あまね りな)さんとゲームYouTuberの太神 陽(おおが ひなた)さんと一緒に楽しみました。効率よくゲームの課題を解決できるよう、親子や友達同士で声を掛け合い協力しながらプレイしました。

最先端のレーシングシミュレーターを目の前にして「超かっこいい!早く乗りたい!!」といった声も。

リアルなレーシング体験を楽しめるRED゜E-MOTOR SPORTS AREA(レッド イーモーター)では、最新のテクノロジーを駆使したレーシングシミュレーターをセッティング。最先端のマシーンに乗った子どもたちはシミュレーターに興奮しながら、実際に運転して遊んだり、友達のレースを応援したり、クルマ好きなお子様はもちろん、参加した多くの人が夢中になっていました。また、ご家族は子どもが運転している姿を撮影し、思い出として記録に残す方も多く見受けられました。

YouTuberやメタバースに興味のある方必見!ライブ配信の見学を実施

RED゜STUDIO(レッド スタジオ)SUPPORTED BY elgatoでは、会場限定のライブ配信を実施。元プロゲーマーがライブ配信でゲーム実況している様子を、「見たり」「質問したり」「質問されたり」と様々な視点から学ぶことができました。プロゲーマーのプレイを見た子どもたちは画面にくぎ付けになり、「めっちゃうまい!すごすぎる!!」という驚きの声も上がったほか、うまくプレイするためにはどうしたらいいのかプロゲーマーにその場で質問するなど、会場は盛り上がりをみせました。YouTuberやVtuberなど、メタバース関連の仕事に興味のある方は、今後是非覗いてみてください!

デジタルゲームとは異なる緊張感を、「世界のボードゲーム」でマインドスポーツを体験!

RED゜MIND SPORTS AREA(レッド マインドスポーツエリア)におけるRED゜BODOGE(レッド ボドゲ)では、世界の様々なボードゲームを体験。色とりどりのコマやカードを手にして、いつも遊んでいるデジタルボードゲームとは違う、ドキドキワクワクの緊張感を味わいました。また、RED゜ROYALE(レッド ロワイヤル)では、デジタル空間に包まれてマジックショーを体験。通常はポーカーを楽しむエリアですが、今回はカードゲームをご用意。ご家族やお友達と一緒に頭をフル回転させました。

 

〈本件取材・掲載に関する報道関係の皆様からのお問合せ先〉

RED゜TOKYO TOWER PR 事務局 <㈱イニシャル内>担当:小山・山中・森田・亀田
TEL:03-5572-6316 MAIL:redtokyotower_pr@vectorinc.co.jp

東京 e スポーツゲート株式会社 広報担当:野澤佳世(080-3547-1196)
MAIL: k-nozawa@tokyo-esports-gate.co.jp 

『“ととのう”を科学する。』RED° E-SAUNA UENOオフィシャルサイトオープン

“ととのう”を科学する。
RED° E-SAUNA UENO
2022年4月29日(金・祝)オープン!

RED゜ならではの新感覚の個室サウナ一挙公開!

『RED゜E-SAUNA UENO』は、東京タワー内の esports パーク『RED° TOKYO TOWER』に続いて『RED°』ブランドが手がける、新たな個室サウナ施設です。

「NEXT JAPAN」をテーマに、この国の esports/ エンタメカルチャーを拡張し、人々の心の “温度” を上げていくことを目的に推進する『RED°』のコンセプトを踏襲。最先端のテクノロジーを駆使して、デジタル×エンタメによるゲーム要素を盛り込んだサウナ体験をお届けします。

公式サイト:https://e-sauna.red-brand.jp/

“ととのう”を導く、五感で楽しむパーソナルサウナ。

【TOTONOU 触覚】
上野エリアでは数少ない、冷水浴槽を設置。チラーで冷水15 度を一定に保ち、ほてった身体を引き締めることができます。“ととのう” に欠かせない、こだわりの水風呂をご堪能ください。

【TOTONOU 嗅覚】
当施設のセルフロウリュは、天然花香石を使用。白樺/ シトラス/ ユーカリメンソールの中から自分好みの香りを選び、マイナスイオンたっぷりの熱波をお楽しみください。

【TOTONOU 聴覚】
共有部・各個室・サウナスペースにそれぞれ3D サウンドスピーカーを設置。流す音楽は自由に選ぶことができ、三方向それぞれ違う音楽を流すもよし、エリアでジャンルを分けるもよし、好きな音楽で空間全体を演出できます。

【TOTONOU 味覚】
サウナー愛飲の「アクエリアル(アクエリアス+リアルゴールド)」をご用意。その他、コーヒー牛乳など、種類豊富に揃えています。

【TOTONOU 視覚】
ネオンサインが散りばめられた未来感ある空間を演出。サウナ個室内には、全室50インチのスマートテレビを完備し、好きな映画やアニメ、動画などを見て過ごせます。

※内容は一部変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

さらに次世代の映像システム『Warp Square』で圧倒的な没入感を。
雄大な自然の風景などの映像体験で、外気浴のようなリラックス効果を演出します。

Warp Square

Produced by Sony Design Consulting Inc.

【TOTONOU GAME】

“ととのう”が見える、競える。
サウナに遊びを詰めこみ、“ととのう”をゲームに。

専用ブレスレット「TOTONOU BAND」を装着してサウナに入ることで、“ととのう”を可視化。さらにランキングも発表し、ポイントを競い合って楽しめます。今までのサウナとはひと味違う、エンタメ要素たっぷりの新たな体験を満喫してください。
※当コンテンツはオプションとなります。ご希望の方は、事前の申込みが必要です。

1:「TOTONOU BAND」を装着
まずは、RED°オリジナルの「TOTONOU BAND」を手首に装着します。

2:サウナに入って計測スタート
個室のサウナルームに入り、専用タブレットを使って計測を開始します。

3:水風呂を堪能
水風呂に入っている時や、休憩している時もデータを記録していきます。

4:「Warp Square」を満喫
「Warp Square」の映像体験を通じて、リラクゼーション効果を高めます。

5:計測結果やランキングを発表
独自のアルゴリズムで分析。自分の結果がポイントで表示され、ランキングも発表!

FLOOR GUIDE

3F:ENTRANCE

「RED°のれん」が出迎えるエントランスホール。
デジタルスクリーンをキャンバスにした「のれん」で、サウナの熱気を演出。
RED°オリジナルのサウナアイテムも取り揃えています。

4F、5F、6F:SAUNA FLOOR FOR MEN

デジタル空間に包まれながら、プライベートサウナを満喫。
大型モニターを臨む個室サウナを各フロア2室ずつ展開。
デジタルを駆使した空間演出を楽しみながら、セルフロウリュも堪能できます。

7F、8F:COMING SOON

詳細は後日発表いたします。ご注目ください!

9F:SAUNA FLOOR FOR WOMEN

女性用のプライベートサウナを2部屋ご用意。
男性用フロアと同様に、大型モニターで映像や音楽を楽しめます。
セルフロウリュや水風呂、シャワーブースも完備しています。